市原悦子の現在

スポンサーリンク

日本を代表する女優で、ドラマ「家政婦は見た」シリーズでおなじみの市原悦子さんですが、現在全部の仕事を断っているようです

そんな市原悦子さんですが、現在はどうなっているのでしょうか?

調べてみました。

現在の状況

市原悦子さんは、現在は仕事を断っているようです。

現在までの状況をまとめました。

市原悦子さんの現在の現状

市原悦子さんは、2017年1月13日に、自己免疫性脊髄炎の加療のため休業を発表しました

同年の6月27日、2018年のNHK大河ドラマ『西郷どん』のナレーションで復帰することが発表されていたが、11月22日、体調が優れないことを考慮して降板しました。

代役は現在西田敏行さんが担当をされています。

自己免疫性脊髄炎とは?

自己免疫性脊髄炎とは、自己免疫、つまり本来異物ではない、自分の組織を身体が異物と認識してしまい、攻撃してしまうことによって脊髄に炎症が起こる病気です。

排尿、排便の障害、四肢や両下肢の運動障害などが起こることがあり得ます。

自分の身体を守るための免疫系の異常によって起こりますが、どうしてこういった異常が起こるのかは、現在のところはっきりしていません。

市原悦子さんの病状の詳細は明かされていませんが心配な状況です。

まとめ

市原悦子さんは、現在は、病気のため、仕事をキャンセルしている状況です。

早く良くなっていただいて、元気な姿が見れればと思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする