浅野温子の現在

スポンサーリンク

1976年、15歳の時にオーデションに合格し、映画デビュー。

過激な役も多数こなしながら、1980年ごろからは、当時の人気ドラマやトレンディドラマの常連として、出演してきた浅野温子さんですが、その後も、女優として順調に活動してきましたが、ここ最近は姿を見ることが少なくなってきています。

そんな浅野温子さんですが、現在はどうなっているのでしょうか?

調べてみました。

現在の状況

浅野温子さんは、現在も女優として活動しています。

現在までの状況をまとめました。

浅野温子さんの現在のお仕事の状況は?

浅野温子さんは、現在は、主役としてのドラマや映画への出演はなくなっていますが、わき役としての出演履歴があります。

2017年もドラマ出演がありましたので、ご紹介します。

この世にたやすい仕事はない(2017年4月6日 – 5月25日、NHK BSプレミアム) – 正門 役
さすらい署長 風間昭平13(2017年5月3日、テレビ東京) – 安斉詠美 役
警視庁いきもの係(2017年7月9日 – 9月10日、フジテレビ) – 田丸弘子 役

連続ドラマのレギュラー出演もありましたが、やはり全盛期に比べると寂しい感じがします。

浅野温子さんには旦那さんも息子さんもいる!?

浅野温子さんは、実は1983年に作詞家の魚住勉さんとご結婚されています。

プライベートはあまり語らない印象がありましたので、知らない方も多いかもしれません。

しかも、息子さんもお一人いらっしゃいます。

息子さんは、もう成人されていて、現在は、NHKのアナウンサーをされています。

まとめ

浅野温子さんは、現在も女優として活動しています。

家族もあり、仕事も全盛期ほどではないが重要な役を今でもなされています。

今後も、ご自身にしかできないような役をやってほしいと思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする