舛添要一の現在

スポンサーリンク
zaregoto 記事上

1990年代に国際政治学者として、メディアへの出演なども多くなり知名度も着々と上がっていった。その知名度を生かし、2001年に参議院銀選挙に、自民党から比例区として立候補しトップ当選して政治家に転身した舛添要一さんですが、その後も、2007年に、厚生労働大臣になるなど、着々とキャリアを重ね、これらを引っ提げて、2014年に東京都知事に立候補し当選。念願の東京都知事になりました。

順風満帆に思われたが、政治資金疑惑と、公私混同疑惑が立ち上がり、世の中からの批判にさらされたことで信用を失墜。とうとう任期途中で辞任いたしました。

その後に関しては、びっくりするほど話題に上がらなくなり何をやっているかわからなくなっています。

そんな舛添要一さんは現在はどうなっているのでしょうか?

調べてました。

現在の状況

舛添要一さんは、現在は、活動休止中ではないかと思います。

現在までの状況をまとめました。

肩書は、日本の国際政治学者、政治家である。株式会社舛添政治経済研究所所長、一般社団法人地域経済総合研究所評議員

舛添要一さんは、Wikipediaで調べてみると、肩書とすれば、日本の国際政治学者、政治家である。株式会社舛添政治経済研究所所長、一般社団法人地域経済総合研究所評議員という事になっています。

調べてみましたが…

政治家とすれば、東京都知事の辞職後は政治活動をしていないのではないかと思われます。

目立った活躍の記事は少なくてもない状況です。

株式会社舛添政治経済研究所所長となっていて、HPもありますが、2015年以降、更新は途絶えています。

これに関しても、開店休業中ではないかと思います。

これに伴い、日本の国際政治学者も休業中ではないかと思います。

一般社団法人地域経済総合研究所評議員に関しては、一般社団法人地域経済総合研究所のHPに顔写真が乗っています。

評議員として在籍していると思いますが、肩書は参議院議員となっていて、長らくHPの更新がない様です。

舛添要一前都知事を不起訴 東京地検特捜部

舛添要一さんは、東京都知事時代に私的な支出を政治団体の政治資金収支報告書に計上していた問題で、東京地検特捜部は2017年3月3日、政治資金規正法違反などの罪で告発されていた舛添氏を不起訴処分としました。

この件で、舛添要一っさんは、

「今回の件でご迷惑やご心配をおかけしたみなさまに心からおわび申し上げます」

とコメントしています。

まとめ

舛添要一さんは、現在は、基本は活動休止中ではないかと思います。

3月に一連の政治資金疑惑に一応の決着をしてはいる状況です。

しかしながら、国民の信用を著しく失ったことには変わりないように思います。

今後ですが、次の一手を打つのか?打たないのか?

というところだと思います。

関連リンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です