千葉すずの現在

スポンサーリンク
zaregoto 記事上

5歳から競泳を始め、小学校5年生の時、400m自由形で日本学童新記録を樹立し、その後順調に記録を伸ばし、日本選手権で3冠を達成するなど、国内では無敵を誇るようになり、1991年の世界水泳選手権400m自由形で3位に入り銅メダルを獲得し、世界での活躍も際立つようになった千葉すずさんですが、 オリンピックではメダルを取れず、人知れず引退していきました。そして、その後の活動はわからない状況です。

そんな千葉すずさんは現在はどうなっているのでしょうか?

調べてました。

現在の状況

千葉すずさんは、現在は水泳選手としては引退しています。

現在までの状況をまとめました。

2002年に結婚、そして母に…

千葉すずさんは、1999年に現役を引退しました。

そして、2002年に、イトマンスイミングスクール時代からの知り合いでカナダ時代の練習仲間である山本貴司さんと結婚いたしました。

そして、2005年に妊娠出産すると、子宝に恵まれ、現在は4児の母となっています。

現在はスポーツ推進会社ヴィクトリーベルに参画している

千葉すずさんは、現在、スポーツを通して心身の向上を図る手助けをしたいと設立したスポーツ推進会社ヴィクトリーベルに参画しています。

カリフォルニア州認可の会社法人で、水泳トレーニング用の水泳グッズの紹介と販売、水泳を始めとした各種スポーツキャンプ案内、スポーツ留学の斡旋、アメリカでのホームステイ体験プロ グラムなどを行っているとのことです。

その他、2017年5月5日、夫の山本が水泳教室の講師を務めたことがきっかけで、和歌山県田辺市の扇ケ浜PR大使に就任するなど、子育ての合間を縫って様々な活動をしております。

まとめ

千葉すずさんは、現在は現役を引退しておりますが、結婚育児の他、様々な活動をしています。

今後も、グローバルな活動をしていくのではないかと思います。

関連リンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です