佐野研二郎の現在

スポンサーリンク
zaregoto 記事上

東京都出身のグラフィックデザイナーである佐野研二郎さんですが、東京オリンピックの最初のエンブレム案を作った人物ですが、盗作問題があり、本人が認め、廃案となったことで話題になりました。

代案が決まりそれで動き出していますが、佐野研二郎さんのことは話題に上ることはなくなりました。

そんな佐野研二郎さんは、現在はどうなっているのでしょうか?

調べてました。

現在の状況

佐野研二郎さんは、現在も、グラフィックデザイナーとして活動しています。

最近までの状況をまとめました。

騒動後行方不明になっているという情報があるが

佐野研二郎さんは、今回の騒動の後、バッシングを避けるため、行方をくらませているという情報がありました。

しかし、これはうそのようです。

2016年3月にメディアに直撃されています。

髪は伸び、髭ははやしていましたが、本人とすぐわかる感じでした。

特に隠れている感じはないようです。

実際普通の生活に戻られていると思いますが、この騒動前も、さしてメディアに登場していた方では

ないですし、こんなもんでしょう。

多摩美術大学の学園祭で佐野研二郎さんのお葬式が執り行われた?

佐野研二郎さんは現在も当然ながらご存命です。

しかしながら、多摩美術大学の学園祭で、2016年11月6日 多摩美術大学教授を務める佐野研二郎さんの葬儀をイメージさせる パフォーマンスがゲリラ的に開催され、波紋を呼びました。

まとめ

佐野研二郎さんは、現在もグラフィックデザイナーとして活動しています。

世間は取り上げなくなっていますが、今後も逆風が続くでしょう。

打開するのは容易ではないでしょうが、どうするのでしょうか

関連リンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です