織田無道の現在

スポンサーリンク
zaregoto 記事上

自称 織田信長の末裔である織田無道さんは、1980年代から90年代にかけて、水晶玉を使った霊視や徐霊が話題になり一時すごい話題になり、頻繁にテレビで番組に出ながら、霊視をするなど、一躍人気者となりました。しかしながら、宗教法人の乗っとりを図ったとして、警視庁に逮捕、その他も、宗教関係で度重なるトラブルを起こしたとして、メディアから遠ざかった。10年以上、消息がわからなくなっている織田無道さんは現在はどのようなくらしをしているのでしょうか?

現在の活躍状況

実家である厚木市の圓光寺は息子にゆずった

織田無道さんは、本拠地である厚木市の圓光寺で住職をしていたことが、本人の長らくの本拠地であり、代名詞であったと思います。

しかしながら、この圓光寺に関しましては、現在は、息子さんに譲ったとのことです。

この息子さんに関しましては、インターネットで調べてみましたが、詳しい情報は出てきませんでした。地元の方は状況は知っている可能性はあるかもしれませんが、少なくても、この息子さんに関しましては、メディアへの宣伝については、考えていないのではないかと思います。本来は、檀家さんとの関係で成り立つお仕事ですので、息子さんの代になり、本来の形に戻ったと考えるのが普通なのかもしれません。

ちなみに厚木市の圓光寺は、1000年以上の歴史があるとされております。

1890年以降、住職がいない状態が50年以上続いたのを前住職の織田無道さんが住職となり、体制を建て直したとされます。住職がいなかった時期が長かったため、以前の資料は残っていないとのことです。

全国各地の4ヶ所のお寺さんの住職を任されている

織田無道さんは、本拠地である、厚木市の圓光寺に関しましては、家督を息子さんに譲りましたが、織田無道さん本人は現在、4ヶ所のお寺の住職を現役でされています。場所などに関しましては、インタビューを受けたさいに、檀家さんとの関係などもあるため、非公開という形で、話してはくださいませんでした。今も、霊視をして、徐霊をしているという話は、そのときのインタビューでは話しませんでした。

もしかして、現在は、霊視とかはやっていない可能性もあり得ます。そもそも、徐霊、そのものが真実ではない場合ですが、そういうこともあると思います。

魚の養殖に力を入れている

2014年に雑誌のインタビューを受けた際に、本業の僧侶の他に力を入れているといっていました。

織田無道さん本人が言うには、通常の3倍のサイズに育つ車エビの養殖をしているとのことで、成功したら、かなり儲かるようなお話をしていました。

なんか独自の方法を持ったやり方でやっているらしいのですが、個人的には、この手の話でうまくいったのは、見たことがほとんどありません。

そういう市場ですので、成功したら、また違うことで有名になる可能性があると思います。

厚木市の自宅に夫人と二人暮らし

織田無道さんは現在、夫人と二人で、本拠地である厚木市で暮らしているとのことです。

これに関しては、これ以上深くかかれていませんでしたが、夫婦仲は良好であることがうかがえます。テレビから遠ざかる直前は、逮捕も含めて、金銭トラブルばかり起こしていると報じられましたが、夫婦で仲がよいということは、一般的には、織田無道さんの家庭はしっかりしていたということかと思います。当時ですが、織田無道さんは、金銭トラブルに関しまして、一切認めませんでした。実際は有罪になって結審していますが、現在も認めていないようです。それに関しては、家族も信用している証しということではないかと思います。

人間は、信じてくれる人が一人でもいれば頑張れます。織田無道さんにとって奥さんはそんな存在だったのではないでしょうか?

あくまで推測ですが。

まとめ

織田無道さんの現在は、華々しさはありませんが、堅実な生活を送っていらっしゃると思います。家督に関しましては息子さんに譲り、かつ、自分の仕事を持ち、ライフワークもあるというところで、メディアにはでなくなっていますが、生活に関しては、問題はないのではないかと思われます。

他方、この情報は、基本は2014年に行われた雑誌者によるインタビューがベースになっています。

この記事から2年以上の月日がたっていますので、この生活が維持されているか、不明な部分があります。

少なくても、執筆時現在の織田無道さんは、トラブルとかにはなっていないのではないかと思います。

病気とかになっているかはわかりませんが、一世風靡した有名人であることを思いますと、健康で長生きされることを望んでいます。

養殖のビジネスは順調なのでしょうか?

今後メディア露出があるかはわかりませんが、織田無道さんの近況が待たれます。

関連リンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です