小川範子の現在

スポンサーリンク
zaregoto 記事上

子役のころから、ドラマや写真集など、多角的に活躍。

その後も女優として様々な作品への出演を重ね、同時にアイドル歌手として1987年11月に「涙をたずねて」で歌手としてもデビューするとたちまちヒットし、アイドル歌手としても活躍した小川範子さんですが、最近は活動実績もなく、どうなっているかわからなくなっています。

そんな小川範子さんですが、現在はどうなっているのでしょうか?

調べてみました。

現在の状況

小川範子さんは、芸能界には籍を置いています。

現在までの状況をまとめました。

芸能活動は現在は開店休業中!?

小川範子さんは現在、芸能界には籍を置いていらっしゃるものと思われます。

仕事履歴の最後は、ダイドードリンコスペシャル「檜枝岐歌舞伎~風と花と村芝居~」(TUFテレビユー福島)2013年となっております。

個人事務所経由でお仕事は受けられる状況かと思いますが、開店休業中といったところかもしれません。

昔、人気があったアイドルの方とかで、よくあの人は今的な番組に登場される方はいらっしゃいますが、そういうものにも登場しません。

公式ホームページはありますが、長らく更新していないようです。本人は、ブログとかTwitterなどのSNSは、少なくとも公のものはやっていないと思います。したがって、近況を知るすべがない状況になっています。

最新情報 2017年12月20日 デビュー30周年記念 ベストアルバム発売!しかも?!

小川範子さんは、2013年以降、表だった活動がない状態でしたが、この度、歌手デビュー30周年を記念して、ベストアルバムの発売が決定しました。

しかも、スタッフから提案されたこともあり、小川範子さんは

「歌ってみる」と腰を上げました。

過去に発表した15音源の他に、2ndシングル「永遠のうたたね」(88年3月、最高12位)を29年ぶりに再レコーディングし、朗読「涙」も新録しました。

久々の最新の歌声が聞けます。

また、新たなアーティスト写真も公開されました。

ブランクを感じさせない洗練された姿となっております。

私生活では、2005年に結婚

私生活では、「はぐれ刑事純情派」の放送が終了した2005年の7月1日、TBS社員で「スタンドバイミー」制作に関わり交流のあった演出家、吉田秋生さんとと結婚しました。

ちなみにそれ以後、芸能活動は減少の一途となっております。

結婚して、子供さんがいらっしゃるか調べましたがわかりませんでした。しかしながら少なくとも今日現在は離婚はしていないものと思われますので、半ば専業主婦的な感じになっているかもしれません。

まとめ

小川範子さんの現在ですが、近況がわかりずらい状況ですが、便りがないということはとても幸せに生活しているということではないかというところではないかと思います。しかしながら、色々な役で大活躍していたことを考えますと、年を重ね、円熟味をました彼女をテレビドラマや映画でもう一度見たいと思う、当時や現在のファンは多いのではないでしょうか?周りが驚くような展開で、メディアに登場してほしいです。近況が待たれます。


そもそも小川範子とは?

小川範子さんは、1973年7月20日生まれ。東京都立川市出身。子役から活躍している歌手であり女優さんです。最終学歴は、早稲田大学社会科学部卒業です。本名は、吉田重美(旧姓 谷本)。1990年までは、東京宝映という芸能事務所に所属していましたが、現在は、ブルックカンパニー(個人事務所)にて仕事を受けているとのことです。

現在までの経緯 最初は本名で活動していた

小川範子さんは、現在に至るまで、子役の頃から活躍しています。芸能界に入ったきっかけは調べましたがわかりませんでした。しかし、まずデビューは、本名である谷本重美の名義にてオムニバス写真集「Little Angels 少女の詩」にてモデルとして撮影に参加したのがきっかけの様です。この作品の他にも、この手の写真集にモデルとして多数出演しました。有名になってから発覚いたしましたが、この頃に、少女ヌード写真集にも出演していました。当時の画像が世に流通してかなりの話題になりましたが、本人からのこれに関してのコメント等はなく、ひたすらスルーしていました。この年ですので、本人の意思ではもちろんないと思いますので、本人が必要以上に攻められることはなかったようです。

そんなことと平行して、子役時代には、ドラマにも子役として多数出演しています。

芸名 小川範子になって大ブレーク

子役の頃は、本名である谷本重美名義での活動でしたが、1987年14才の時出演しました「魔夏少女」から、現在の小川範子の名義に変更して活動します。

ここから彼女は、女優としてめきめき頭角を表しました。この頃出演しました主なドラマといたしまして、「スタンドバイミー 気まぐれ白書」や「3年B組金八先生」の本編ではありませんでしたが、特別編にも出演。中学生ながら、妊娠してしまう、複雑な役どころを抜群の存在感にてこなしました。

アイドル歌手としても大活躍

世間からがぜん注目を集め始めた小川範子さんは、1987年11月に「涙をたずねて」で歌手としてもデビューいたします。歌唱力もあり、独特の雰囲気もあり着々とファンの指示を集めていきます。そしてついにサードシングル「こわれる」から5作連続でoriconチャートトップ10入りを果たします。アイドル歌手としての人気を不動のものとしていきました。

長寿 連続ドラマにレギュラー出演

そんな小川範子さんは、連続ドラマ「はぐれ刑事純情派」にて安浦刑事の娘ユカ役にて長らくレギュラー出演したことでお馴染みではないかと思います。このドラマは、毎回、色々な難事件を安浦刑事が人情たっぷりで解決していくドラマでしたが、その安浦刑事のプライベートが垣間見れるコーナー的なシーンで毎回登場し、時に思い空気を払拭する、時に箸休めになるような、とても大事な役どころだったのではないかと思います。

このドラマには1988年から2009年までの20年以上のロングランになりました。

順風満帆のなか結婚

2005年7月1日、TBS社員 製作局製作センタードラマ製作部所属の演出家である吉田秋生さんと結婚しました。今現在も夫婦で生活しているものと思われます。

このころからメディア露出は限られたドラマにてみれるのみになっていきます。そして2009年「はぐれ刑事純情派」が終了した頃から現在に至るまで、目立った活躍は見られない模様です。

関連リンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です