三木道三の現在

スポンサーリンク
zaregoto 記事上

三木道三とは

三木道三は、1970年2月2日、奈良県の生駒市にて生まれました。最終学歴は、京都産業大学の英米語学科を卒業しています。本名は、三木真一。皆さんもご存じだと思いますが、ヒット曲「LIFE TIME RESPECT」は誰もが聞いたことがあると思います。「一生一緒にいてくれや…」のラップ・歌でお馴染みのミュージシャンです。

道三の由来

芸名の道三ですが、戦国武将 斎藤道三から名前のみとったとのことです。個人的にリスペクトしていたのではないかと思います。

少々脱線致しますが、斎藤道三とは、戦国時代の美濃を納めた大名です。マムシの異名お持つ名将です。美濃は現在の岐阜県になります。

本人も出身と近いことで学ぶ機会が多かったのではないかと思います。誰しもが生まれが近い戦国武将のことは一度は興味を持った人も多いのではないかと思います。

大ヒット曲を出した後、突如活動を休止

そんな三木道三ですが、実は、ヒット曲「LIFE TIME RESPECT」のあと一年ほどで突如活動を休止してしまいます。何でそのようなことになったか調べましたがよくわかりませんでした。考えられるのは、ヒット曲を出したことで、周りに変な人間ばかりよってくるようになり嫌になったとか…

お金に余裕ができて、仕事をやめて遊び回っていたとか…

ミュージシャン以外にやりたいことがあり、そちらの方を一生懸命やっていたとか…

どんなことがあったとしても人生色々なのでよいことなのではないかと思います。

そんな活動休止期間は、1992年から2002年までの活動後2014年までの長きにわたります。

11年もの活動休止を経て突如復帰!!それも名前が三木道三ではなーい

そんな三木道三でしたが、突如、ミュージシャンとして復帰致します。それも、名前を変えて……

DOZAN11に改名しての復帰です。

2002年から数えて11年目ということでの11でしょうか?

レベル11みたいな響きですが、この改名で本名の三木は消滅します。

2015年から今日現在まで、様々なライブイベントに参加しています。

曲も出していっているようなので、これからの活躍に期待できます。

そんな彼は、現在エイズに感染している?!

ところで、そんな三木道三ですが、Yahoo!JAPANの検索で「三木道三」と入れるとピックアップキーワードのひとつには「三木道三 エイズ」と出てきます。

誰しもが彼のエイズ感染を疑っていると思います。

しかし、これは事実ではありません。真っ赤な嘘です。本人も否定しています。

このようなあまり見ることのなくなった有名人が勝手に重病人になることは、考えてみればよくあることですが、謎ですね。ネット上でこのキーワードで拡散させて噂を流し、周りの人間も半信半疑で拡散させた結果なのかと思いますが……なんにしても活動休止中も注目を浴びやすい存在だったということでしょうか?

まずは病気ではなく健康で何よりではないかと思います。より一層、多方面で活躍することにより、病気の噂というか、このような検索キーワードは消えていくと思います。彼は一髪屋と言われていますが、一発屋の宿命というところなのではないかと思います。

エイズではなかった三木道三は現在、ブログではっちゃけている?!

三木道三改めDOZAN11 は、現在ブログやTwitterでのSNSでファンに向けた発信を続けています。

特に、ブログは2014年からで本人に関して、もしくは、周りで起きている様々なことに関して、Twitterでは表せない形で深く深く表現しています。

芸能人ブログに関しては、本人の性格が垣間見れて面白いと思います。

すごい長文で丁寧に表現する人や、とにかく更新間隔がせまく、絶えず更新している人や、とりとめのないまま表現している人もいます。脱線しますが、色々な方のブログは面白いと思います。

話を戻します。

彼のブログですが、はじめて間もないですが、割りと読んでいて面白いです。最近は連日アレルギーの話をテーマに展開していました。彼は、魚アレルギーらしく、特に赤みの魚が食べられないとのことです。その事による苦労も多いようです。アレルギーの場合、料理に隠れて入っていても、食したとたん症状が出るので大変です。そんな形で食べてしまったあとの地獄に関して事細かにかいてある回がありました。詳しくは検索してお読みください。

一方、Twitterに関しては、主にファンとの交流に使用している感じがあります。ブログと違って、直接会話ができるツールとして身近に感じている人も多いのではないかと思います。

そんな三木道三は現在ミュージシャンとして活動しています。休止期間を経て復帰したということは、今度は末長く活動されると思います。

関連リンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です