キムヨナは現在、浅田真央に敵対心ムキだしで始めた大学院生活で空回りしている

スポンサーリンク
zaregoto 記事上
記事によると…

「平昌五輪で浅田が出場すれば、大使役のキム・ヨナがかすんでしまいます。大学院を出た知性と博士号を習得した者として、彼女が浅田を見下ろすのが韓国国民の理想」(TV局員)

 大学院生という浅田にはない肩書が、キム・ヨナを引退後も優位にさせるはずだった。現役の浅田が調子を戻すたびに“過去の人”と化した自身の立場が歯がゆくてならないようである。

引用元URL:http://netallica.yahoo.co.jp/news/20151114-45967230-jitsuwa

もう一つの顔を持つキムヨナ

 現在、彼女をテレビで見ない日はなく、CMタレントとして何社も契約していますし、今も韓国のスポーツアイドルとして国民に強い影響力を与えている存在。

 そんなキムヨナには“もう一つの顔”がある。現役引退後に進んだ、大学院生としての顔だ。しかし、'18年平昌冬季五輪の特別大使を務めることが決まっており、学生生活に専念できていない。国民的スターである以上は覚悟の上だったろうが、キャンパスライフを満喫とはいってないようなのだ。

大学側との溝

 高麗大学に在籍していたとき、キムヨナは担当教授を名誉棄損で訴えています。結果的に彼女が訴えを取り下げて法廷で争うまでには至りませんでしたが、担当教授、大学側と円満に和解したわけではない。大学院に進んだ現在、教授側の彼女に対する言動は非常に慎重。

事件の詳細

キム・ヨナ、'校生ショー'と非難したファン教授に告訴状提出
ソウルニュース 2012.06.05 19:05:35

チョ・ヒョンジョン記者=フィギュア女王キム・ヨナ(22)選手の校生実習を'ショー'と批判したファン・サンミン(50)延世(ヨンセ)大学校心理学科教授が検察捜査を受けることになった。

ソウル西部地検はキムヨナ選手側がファン教授に対して名誉毀損疑惑で先週告訴状を提出したと5日明らかにした。

ファン教授は先月22日CBS FMラジオ'キム・ミファの皆さん'に出演して"キム・ヨナが校生実習を誠実に行ったか。校生実習に行ったというよりは一度ショーをしたと表現することが正確だ"と発言した。引き続き彼は"キムヨナはCFもとらなければならなくて望むところが多い。 だが、スポーツ スターを英雄視するのは後進国的な形態"と話してキムヨナに対する批判の刃を研いだ。

キムヨナは先月8日からソウル江南区(カンナムグ)、駅三洞(ヨクサムドン)ジンソン女高等学校で毎日学校に出勤して校生実習に参加した。

ファン教授の発言でインターネットではファン教授に対する非難が続いた一方一部ではキムヨナの頻繁な広告出演などを根拠にファン教授の指摘に共感することもした。

一方キム・ヨナ所属会社の今年五スポーツ側は"ファン・サンミン教授が事実ではないのを事実のように話して被害をこうむったので法的措置に入る"と明らかにしたことがある。

引用元URL:http://momolunafever.blog64.fc2.com/blog-entry-1160.html

今後は?

浅田真央は、現在復帰を果たしている。キムヨナも思惑がうまくいかないのなら、オリンピック前に復帰するシナリオがあるのではないかと思う。

しかしながら、進み出した道での成功を本人は望んでいるのだろう。

関連リンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です