たかじんさん元マネがあだ討ち提訴「師匠汚された」

スポンサーリンク
zaregoto 記事上

年1月に亡くなった歌手やしきたかじんさん(享年64)の最後の弟子で元マネジャーのK氏(49)が28日、作家百田尚樹氏のノンフィクション本「殉愛」で名誉を傷つけられたとして、百田氏と出版の幻冬舎を相手に1100万円の損害賠償を求め、東京地裁へ提訴した。

 この日、大阪地裁では、たかじんさんの妻、家鋪さくらさんが、たかじんさんの元弟子、打越元久氏の発言で名誉を傷つけられたとして1000万円の損害賠償を求めた裁判の判決があり、打越氏は300万円の支払いを命じられた。

引用元URL:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151028-00000146-nksports-ent

続報ですが逆提訴です。
泥仕合です。
真相は当人どおしと近い人間しかわからない。

主がいなくなって、金と利権が残った典型。

たかじんさんがいたらどうなっていたんだろう。
故人のことを思うなら、ご両人とも違う方法を探る
ような気がする。
故人を本当に慕っていなかったんじゃないかと
思ってします。

関連リンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です