「日本酒」本で著作権侵害騒動 出版社に対して「倫理観を疑います」と著者激怒→発売即回収決定

スポンサーリンク
zaregoto 記事上

まい日本酒の選び方」の著者・葉石かおりさんが許可なく「構成、写真全く同じで、語尾だけ変えたパクリ本が本日セブン-イレブン限定で『日本酒入門』として発売」されたと自身のTwitterとブログで報告。

引用元URL:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151027-00000066-it_nlab-sci

パクリはまずいと思う。
堂々と出版するとは度胸がいい。
それにしても最近よくきく話だ。
考えると言うことはとても大変だが、そうやって産み出したものこそ本物ではないかと思う。
パクろうとしてやったのか、自然に似たのか、どっちにしても言われる世の中になった。
ジグソーパズルに例えれば、埋められるピースが少なくなっているのかもしれない。
実際はどれも何かににている気がしている。歌とか。ドラマとか。
その中でオリジナリティーに溢れた作品に出会うとすごく嬉しい。昔より。

関連リンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です